終電逃して風俗店へ

楽しいからこそ迷うんです

風俗はとても楽しいのは言うまでもないと言うか、わざわざ説明するような話ではないんですけど、楽しいからこそ迷うんですよね。風俗っていろんなジャンル・バリエーションがあるじゃないですか。その中から一つ、そして一人だけ選ぶのははっきり言って簡単ではないですよね。それだけに、風俗は女の子と遊ぶ時間よりも、むしろ選ぶ時間の方が長いんじゃないかなと思いますね(笑)でも、それもまた風俗の楽しみ方の一つなんじゃないかなって思いもあるんですよね。せっかくなんです。いろんな形で楽しみたいっていう気持ちもありますので、それならやっぱり納得できる女の子を見つけたいじゃないですか。むしろ納得出来る女の子を見つけることによって、いろんなことを楽しめるので、風俗の楽しさって一つだけじゃないですし、選ぶ楽しさもあるからこそ迷うんです。でも、迷っている時もまた、それはそれで楽しい時間なので、それも含めて「風俗」なのかもしれないですね。

感度重視だからこその貧乳

何を重視するって、相手の感度です。風俗嬢がどれくらい感度が良いのかによって、こっちの満足度やモチベーションも全然変わってくるじゃないですか。感度があまりよくない風俗嬢だと、攻めているのにこっちだけ空回りと言うかやり甲斐がなくなりますよね(苦笑)自分のテクニックが未熟だからって話だとは思いますけど、それよりはやっぱり感度の良い方がこっちだってモチベーションが高まるんです。そして、貧乳は感度が良い子が多い。だからこそ貧乳を指名する率が高いんですよね。とりあえず貧乳を指名しておけば間違いはないかなって気持ちなんですよ。あの感度の良さは、一度味わうと癖になると思いますよ。誰がとかじゃなく、貧乳そのものが本当に素晴らしい感度なんですよ。軽く触れるだけで腹筋がピクピクするような女の子もいましたね。それに、それだけ感度が良いのは貧乳だけじゃないんです。全身がどんどん研ぎ澄まされていって、性感帯になるんですよ。