終電逃して風俗店へ

鉄は熱いうちに打てって言いますし

「鉄は熱いうちに打て」という言葉があるように、風俗でも気持ちが熱いうちに遊びたいなって思っているので、風俗気分になったらすぐにでも遊ぶようにしています。どうしよかなと迷うってことは、まだまだそこまで気持ちが高ぶっている訳ではないってことだと思うんですよね。でも気持ちが高ぶった時には、有無を言わさずに遊ぶようにしているんです。その方が自分も分かりやすくて良いかなって。どうしようかなとあれこれ悩むってことは、心の中で100%風俗モードにはなっていないってことなんじゃないかなって。それよりは、心の中が100%風俗モードになっている状態の時の方が、自分の気持ちもより高まるんじゃないかなって思うんですよね。それだけに、風俗では自分の気持ちに正直になって楽しんでいるってことも言えると思うので、風俗では基本的にいろいろなことを楽しむよう、配慮しているんですよね。それくらいが自分には丁度良いのかなって思いますし、。

テクニック重視からの変化

昔は風俗ではテクニックを重視していたんですよね。でも、いつしかテクニックはそこまで重視するようなものではないのかなって思うようになってきたんです。それよりも、むしろ風俗では相手の存在感そのものの方が重要なことなんじゃないかなって思うようになってきたので、テクニックよりも存在感そのもので選ぶようになりました。存在感は具体的に言うのが難しいんですけど、風俗嬢のトータルの魅力ですかね(笑)ホームページを見ていると、はっと目に留まるような子がいるじゃないですか。それって、きっと存在感そのものに圧倒されたり魅力だなって思うようになっているんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗では自分でもいつも思うのが、存在感の大きな、そして自分が圧倒されるような風俗嬢を選べば、テクニックの良し悪しではなく、存在感によって満足出来るなって。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」なんて言葉もありますけど、何をされるかじゃなく、誰にしてもらうかですし。